スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真宵男の不安定弾道

社会人になってからは
どうも 初めまして
な初書き込みです。

道に迷ったので私にとってのリファレンス
冒険の書を振り返りに来ました。
今日の迷い人 ワタシは思考迷路で迷ってしまいました。


本題。
やりたいことが分からなくなった。
最近は思い通りに絵をかける自分、思い通りにプログラム出来る自分、
美しい写真を撮る自分に憧れを抱いていますが、あくまでこれは状態。
具体的に何の絵を描きたいか?何をプログラムしたいか?何を撮りたいか?が白紙です。
かつての自分だったらこの履き違えはすぐに気付くことができ、且つ一番やってはいけない理想像の持ち方と理解しておりました。

何が彼を変えた。
社会人として、仕事への向き合い方が彼を変えた。
仕事においては自身の思いつく最高の選択肢が常に選べるわけではない。
むしろ他者による決定に沿うことの方が多い。

次第に彼は自分を失っていった。
一般論ではこれがいいだろう、自分は良いとは思わないがデータや過去の例、会社の流れ的にこれだろう。

そこに私はいません。
最初の数回は自分殺しを躊躇った。
けども今じゃ慣れっこ、そもそも殺そうにももうそこに自分はいないから
その必要もなくなった。

いつの間にか何が好きか分からなくなった
そうか 趣味や"好き"を仕事にすることの大変さとはこれの事だったのか?


数ある大変さのほんの断片だろうけども。

気づけた。
気づけたというのは前進、Stateは一つ進んだ。次は何をする
消えた 殺した 無くなった自分を取り戻さなきゃ
いや、新たに作るほうが早いのか?
死んだ人間は物理的には蘇らないと法則は言うけれど
死んだ人間の人格はどうなんだろう?

学生でなく、大人の社会人の身の上となったからには
考えた過程と途中経過報告だけでなく、
結果結論考察対策改善案まで示したかった所ですが
今宵の月はもう完全に仕事を終えた様なのでこれにて終幕と致します
スポンサーサイト

卒業

卒業研究が終わり、卒業発表も済ませた為、いよいよ大学生活も終わりです。

好きなことをしていたら、そのままそれが仕事になっていた。
どこまで自分の趣味での実力が通用するかは分かりませんが、社会人になっても余りやることは変わらない感じです。
作りたいからそれを作る。ただそれだけ。

これからはちょっとだけ、誰かのために、独りよがりでないものを作るといったシフトになるだけです。


ひと月と二週間。最期の人生の休暇期間。
さて、何をしようか?

成長

おはようございます。
卒研の話題が多かったですが、今日は趣味で続けているあれこれの話。


あれこれの製作、下積みを重ね成長したかな?と振り返る話。
ゲーム制作→とあるところで、メイン開発者として3Dゲームをリリース。
         Unity使ってますが、2年ほどかな?プログラミング経験はもう4年になるんですね…
絵・CG→駄目ですね。練習したりも全然してないです。
動画→大学1年時は関連サークル入ってましたが、結局個人でチクチク作るくらいで、結局やめちゃいました。
     ただ、高校時代に夢中になっていたMAD製作の延長として合作のトリ務めたりと頑張りました。それももう古い話…
     高校3年間+1年でおおよそ4年の経験かな?
作曲→音MADメインで作ってたのである程度いけるかと思ってましたが、全然駄目でしたね。ただ、3年ほど続けて
     テーマに沿うなどの制約が無ければ程々に作れるようになりました。

こう見ていくと、壁を乗り越える節目は4年目辺りにあるように感じます(自分の場合は)
4年といっても毎日やってる訳ではないのでおおよそですが。


話変わって。
かつての記事で、「君に逢えるまで学び続ける」という気持ちを持っていることを書きました。
思わぬ形で実現出来そうです。
Oculus Riftというヘッドマウントディスプレイをご存知でしょうか?
今年の東京ゲームショウではこのOculus Rift(またはVRという技術自体)が
非常に注目されました。
どのようなものかは検索をかけてもらった方が、分かりやすいかと思いますので省略。
端的に紹介だけすると、頭に被るとゲーム内に入り込んだかのような没入感を得られ、
且つ頭を動かした方向(≒目線方向)をゲーム内でも向くことが出来るというものです。
これにより、2次元・仮想世界の住人ともより密接に触れ合えるようになりました。
このデバイス、今は開発者向けキットがバージョン2まで出ており、一般市場向け直前モデルも
発表されております。
まだまだ、製作者側も模索段階ではありますが、去年春頃に開発者キットが個人開発者達の元に
届いてからだいぶ時間も経ち、そろそろ一般的にも知れ渡る頃ですね。
昔夢見た近未来はもうすぐなのでしょうかね。

実は自分も初期バージョンの開発者キット、バージョン2共に持っており作品もチビチビ作ってましたので
ここのブログでもいつか紹介したいですね。



いとま

こんにちは。
中間発表は無事に済みました。
ぎりぎりまでスライドを作り、少し練習して時間調整してなんとか間に合わせました。
緩い教授が審査にあたっていたのも救いでしたね。

さて、今日から草津温泉に行ってきます。部活の合宿が中間発表と被り涙をのんだので、ここでその分満喫して来ます。
ただ、中間発表で行けなかった組だけで行こうという話でしたが、ほとんどの研究室は予定が被らなかった為、結局男2人で湯治という形になり周りの目が少しだけ気になってしまいそうです…
まあせっかくの機会ですので存分に満喫してきます。

気持ちを伝えるということ

こんにちは。かなり間が空きましたが元気にしております。

FC2が公開しているスマートフォンアプリを使ってこの記事を書いています。便利なものですね。
ここに現れたということはまた、例の如く良くない状況であったり、悩みを抱えているという訳です。

明日は卒研の中間発表!
このブログを始めたのが大学一年生のときだったのに、もう卒業への準備です。早いものです。
さて、問題はというと。


進捗


お決まりですね。
絶望的です。プレゼン資料も出来ていません。明日発表なのに発表できる成果も無く、今朝の八時ですがこれから仮眠を取る形です。
研究でやりたいこと、どう落としどころを付けるか等は流石に一通り考えておりますので、足りないのは手法の実装と結果です。


眠気が急に……

久々の記事ですが、またいつか……
仮眠を取ります。

あっ、就活やり直そうとしてましたが、多方面で相談やアドバイスを受け、そのまま最初の会社を変えずに選びました。そこの会社でバイトとして、社員の様に働き(出勤日数は全然少ないですが)、ゲームを完成させました。ニュースサイトの記事に載ったりと多少は話題になったようです。今だからこそ言えることですが、再就活せず、今のところで粘り強く続けて良かったと思っています。当時のような窮屈さはもう感じる事はなくなりました。
とりあえず心残りだった事だけ報告しておやすみ…

続きを読む

プロフィール

fggser

Author:fggser

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。